ブログ

記事詳細

大宮駅の鍼灸院、無痛鍼治療の良和堂治療室から見た東洋医学的冬の身体(4)


身体の中で冷えによって滞った水分は

重力の作用で当然、足など身体の下の方に

溜まりやすくなります。

 

脚の冷えに加えてむくみやだるさを感じる

ようであれば、寛いでいる時や寝る前などの

ちょっとした時間を利用して脚のマッサージ

ストレッチなどの習慣を取り入れ、

血行を改善しましょう。

 

出来れば冷えた状態で行うより、

身体が温まっている入浴後に行う方が

効果的です。

 

また肩や背中が冷えると筋肉や血管が

硬くなって、身体上部の血流が滞ることで

頭痛を引き起こしやすくなります。

 

特に冬は外と室内の温度差によって

自律神経が乱れたり、過度の暖房による

のぼせなど頭痛の原因となる要素が重なります。

 

効果的な対処法としては頭の側面の

マッサージがおすすめです。

 

東洋医学では頭にたくさんのツボがあり、

経絡と呼ばれる気の通り道によって

身体の下の方までつながっていると

考えられています。

 

少し指を立てるようにして、5本の指で

気持ち良い程度の強さで頭皮を刺激する

ことで全身の緊張もほぐれてきます。

 

また足の親指を手指でつまんで

グルグル回すと首周りの緊張がほぐれて

頭部の血行が改善されます。

 

ある程度の頭痛はマッサージやツボ押しで

一時的に緩和することができますが、

痛みが長く続く時は重大な症状が隠れて

いる場合もありますから、

早めに専門機関へ相談しましょう。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi