ブログ

記事詳細

大宮駅の整体、良和堂治療室のバランス研究 凝り(2)


「凝り」そのものを悪者扱いして

柔らかくするというアプローチは、

基本的には湿布や痛み止めを貼ったり

鎮痛薬を飲んだりすることと同じ、

一時的な対症療法と考えて良いと思います。

そしてそれは場合によっては「揉み返し」

という毛細血管や筋肉を痛める副作用を

伴うこともあります。

 

また例えば肩こりがひどいからと言って、

毎回同じところばかりを押したり揉んだりして

強い刺激を与え続けると、

身体の防御反応として皮膚組織が

その刺激に対抗するために硬く変化し、

感覚も徐々に鈍くなって強い刺激にしか

反応しないゴワゴワ、カチカチの皮膚になり、

やる度に次回はもっと強くしてもらわないと

やってもらった気がしないという悪循環に

はまってしまうかも知れません。

 

指圧などの業界でも以前は

「親指を壊さないと一人前になれない」などと

言われていたようで、如何に強く押せるかを

自慢にしている施術者の方もいらっしゃいました。

実際、私も修行時代に働いていた治療院では

体重計を使って指圧する指の力を計らされたりしましたし、

その時の師匠の強い指力に憧れたりもしました。

 

今現在、良和堂治療室の治療では強い力を

使うことはないので、クライアントのみなさんの

身体を傷める心配もなく、

小学生から90歳を越える年齢の方まで、

また他の治療院や整体院では施術を断られる

妊婦さんや心臓に持病を抱える方まで

安心して治療を受けていただいています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi