ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室の健康情報 気温と糖尿病(3)


今回の発表は観察研究によるもので、

気温と糖尿病に相関関係が

見つかったとは言っても、

因果関係が確認されたわけでは

ありません。

 

研究チームは一つの仮説として、

体温維持のために脂肪を燃焼させて

熱を作り出す働きを持つ

「褐色脂肪細胞」の活性が

気温の上昇によって抑制され、

グルコース代謝が低下することで、

結果として2型糖尿病を発症する人が

増えるのではないかと考えています。

 

一方で、体内の代謝全体に

褐色脂肪細胞が果たす役割は、

ごく小さいと指摘する声もあり、

米モンテフィオーレ医療センター(ニューヨーク市)

臨床糖尿病センター長の

Joel Zonszein氏は、

「興味深い研究ではあるが、

糖尿病の成因は複雑であり、

褐色脂肪細胞という1つの要因の影響が

これほど大きいものとは

考えられにくい」と述べています。

 

気候変動と糖尿病がどんな理由で

どのように関係しているのかを

確かめるためには、気温だけでなく、

人口構成や人々のカロリー摂取量

といった要因の変化にも

考慮する必要があり、

今後の研究の進展が

期待されるところです。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi