ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛重心整体 良和堂治療室の健康情報 呼吸について(9)


口呼吸を矯正するためには、

口の中での舌の位置を、

上の歯の付け根から

1センチほど奥に下がった

「タンスポット」といわれる場所に

置いておくことが必要になります。

 

逆に舌の筋肉が弱かったり、

衰えたりして、

何も口の中に入っていない時に、

舌が口の中の中間、

あるいは下の方にあるようだと、

口呼吸になる可能性が

高いということになります。

 

舌も筋肉ですから、

筋力不足で舌の位置が

下がっている場合には

舌の筋肉を鍛える運動をすることで、

舌を正しい位置に

キープしておくことが

出来るようになります。

 

舌を歯と唇の間に入れて、

ぐるっと一周させます。

一周したら反対周りに一周。

 

その際に少し力を入れて、

舌で皮膚を押すようにしながら回すと

口周りのたるみを引き締める

「美容効果」も期待できます。

 

また唇の裏側には

唾液の分泌口がたくさんあり、

舌で刺激することで

唾液の分泌量も増えるので、

口の中が乾燥するのを

防ぐ効果もあります。

 

左右1周で1セット。

1回に3~5セット行うと

効果的です。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi