ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛重心整体 良和堂治療室の健康情報 呼吸について(7)


私たち日本人に、

健康上の様々な悪影響が

指摘されている「口呼吸」を

する人が多い理由は、

赤ちゃんの時の離乳の時期が

大きく関係していると言われています。

 

母乳やミルクを飲んでいる間は

口が使えないために、

赤ちゃんの時には誰でも

無意識に鼻呼吸をしていますが、

生後5ヶ月頃を過ぎて、

声を出したり、

離乳食が始まったりすると、

それまではおっぱいや

おしゃぶりで塞がっていた口が

解放されて、

言葉と一緒に空気を吸うことを覚え、

そこから口呼吸が

習慣になってしまうことがあります。

 

欧米では早くから

口呼吸の弊害が指摘されていて、

鼻呼吸が定着する3、4歳ぐらいまで

授乳やおしゃぶりをくわえさせる

ことが一般的になっていますが、

日本では1歳前後から離乳

というのが常識になっており、

おしゃぶりも歯並びとの

関連などもあって、

専門の学会などからは

2歳前後での使用中止が

推奨されているようです。

 

また、日本語は他の言語に比べて、

曖昧な発音でも通じやすいことから、

口周辺の筋肉が鍛えられにくく、

なかなか口呼吸の習慣が

改善されにくいとの指摘もあります。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi