ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛重心整体 良和堂治療室の健康情報 呼吸について(3)


鼻の内側の空間である

「鼻腔」の外側の壁からは、

上鼻甲介(こうかい)、

中鼻甲介、下鼻甲介という、

3つのひさし状の骨が張り出しており、

それによって、鼻腔内の表面積が

広くなるような構造になっています。

 

鼻腔の奥は鼻粘膜で覆われ、

線毛という直径1,000分の1ミリの

短い毛が隙間なく生えています。

 

鼻粘膜の中には鼻腺という

分泌腺があり、

絶えず微量の粘液が分泌されていて、

その量は1日に約1リットルにも

なります。

 

線毛は鼻腔の前から後ろへ、

1分間に約1センチの

スピードで動いて、

粘液に付着した空気中の

小さなごみやほこり、

細菌などを鼻腔の奥へ運び、

それらは口から痰として排出されたり、

胃液で処理されることになります。

 

また、鼻から吸入された空気は

鼻粘膜表面の粘液によって加湿され、

粘膜を流れる血液によって

温められます。

 

副鼻腔の働きは、

まだよくわかっていませんが、

吸気の加温、加湿作用や

酸素の吸収、音声の共鳴に

関係しているのではないかと

考えられています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi