ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛重心整体 良和堂治療室の健康情報 湿布について(2)


肩や腰など、身体のどこかに

痛みがあったりした時に、

とりあえず、ドラッグストアなどで

購入したりした湿布薬を貼って

様子を見るという方も

多いのではないでしょうか。

 

気軽に使えて便利な湿布薬ですが、

購入や使用の際に

冷(感)湿布と温(感)湿布の

どちらを選んだら良いのか迷う、

という話もよく聞きます。

 

実際のところ、冷湿布と温湿布で、

痛みを抑える有効成分的な

違いはなく、冷湿布には

冷たさを感じるメントール、

温湿布には温かさを感じる

唐辛子エキスのカプサイシンが

含まれているという

違いだけになります。

 

温湿布と冷湿布では、

貼った場所の皮膚温度が

2~3℃上がったり下がったりする

と言われていますが、

血流の滞りを改善させるほどの

筋肉の温度変化は見られない

とされており、

この温度差によって、

直接、筋肉のコリの解消に

つながるということは

期待出来ないようです。

 

基本的には、貼った時に

どちらが気持ち良いと感じるかで

判断していただいて構わない

と思いますが、

温湿布のカプサイシンは、

刺激によって皮膚の血行を

増やす場合もあるようなので、

捻挫や打撲直後で

患部が熱を持っている場合は

冷湿布を使い、

数日して熱感がなくなったら、

温湿布に切り替えるというのが

良いかも知れません。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi