ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室の健康情報 海外旅行(8)


時間栄養学の研究によると、

朝食に糖質とタンパク質を摂ることで、

体内時計を正しく合わせること

出来るといわれており、

夕食に消化の良い

炭水化物を摂ることで、

眠りやすくなるそうですから、

旅行前後や旅行中の

食生活の参考に

していただければと思います。

 

また、山口大学が行った、

食べ物による体内時計への

影響を調べた調査では、

糖質やでんぷん質の食事を

多く摂った時に膵臓から

分泌されるホルモンである

インシュリンに、

体内時計をリセットさせる

働きがあることが確認されています。

 

実験で、夜中に通常よりも

多い食事を与えた

マウスの肝臓をスキャンし、

細胞内の体内時計のリズムに

影響を与えていることが

観察されたそうで、

 

研究員によると、

インシュリン値を上げる

炭水化物を夜に多く食べて寝て、

朝食にその反対の食事を摂ることで、

時差ボケを早く解消出来るように

なるとのことです。

 

不眠症や、糖尿病など膵臓に

問題のある方には

副作用等の心配があるため、

おすすめ出来ませんし、

ダイエット中の方にも

抵抗のある方法かも知れませんが、

特にそのあたりの問題が

ない方であれば、

可能な範囲で

取り入れてみては如何でしょうか。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi