ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛重心整体 良和堂治療室の健康情報 海外旅行(5)


現地に着いてからの時差ボケ症状を

少しでも軽減するために、

飛行機内から時計を

現地時間に合わせ、

意識的に少しでも渡航先の

生活時間帯に近くなるよう、

眠る時間を調節しましょう。

 

目的地がアメリカの東海岸や

ヨーロッパなどで、

朝早くに現地に着いて、

そのままホテルに入るような場合には

眠くても我慢し、

少し周辺の散歩をするなどして、

出来るだけ太陽の光を

浴びるようにしましょう。

 

少し長い体内時計の周期を

24時間のリズムに合わせるには

光の刺激がとても有効です。

 

日光を浴びる時間は

短時間でも十分ですし、

電灯など人工的な明るさでも

代用可能なので、

もし、まだ空が暗いようであれば、

灯りをつけて部屋を明るくします。

 

それでも時差ボケがきつく、

眠くてたまらなく

なってしまった場合には、

現地時間の14時前後に

20分程度の仮眠をとるのが

おすすめです。

 

この時間帯は、

生体リズムの関係で

誰でも自然と眠気の周期が

やってくる時間帯にあたるので、

このタイミングを利用して

短い仮眠をとることは、

身体を現地のリズムに

合わせるためにも

有効に作用するのではないかと

思います。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi