ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛整体 良和堂治療室の健康情報 歯と食べ物(7)


日本では近年、

人口の減少が問題になっていますが、

世界的に見ると人口は

増加の一途をたどっており、

それに伴う食糧不足が

深刻な問題として議論されています。

 

食肉に対する需要も、

人口増加や新興国の経済成長によって

急拡大しており、

2050年には、

タンパク質の世界需要が

現在の約2倍になるとの見通しから

対応が喫緊の課題とされています。

 

また、穀物を飼料とする食肉は、

植物に比べてタンパク質の

生産効率が低く、

同じ量のタンパク質を生産するのに、

穀物に比べ豚肉で4倍、

牛肉では約10倍の飼料が

必要となることや、

 

食肉の生産過程では

大量の水や土地が必要となり、

二酸化炭素の排出量も多いといった

環境上の理由からも、

穀物を使った人工肉の生産が

急がれています。

 

この人工肉ビジネスには、

マイクロソフトのビル・ゲイツ氏が

100億円以上を投じて話題となり、

IT企業やベンチャーキャピタルも

続々と資金を投じ始めていて、

「2050年には、

世界のタンパク質需要全体の

半分弱を植物性タンパク質が占める」

という業界関係者の予測も

記事内で紹介されています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi