ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛整体 良和堂治療室の健康情報 水について(49)


おいしい水研究会から、

おいしい水の水質要件として

発表された7項目のうち、

蒸発残留物、硬度、遊離炭酸は

水をおいしくする要素、

過マンガン酸カリウム消費量、

臭気度、残留塩素は

水をまずくする要素

ということが出来ます。

 

中身を少し具体的に見てみると、

蒸発残留物というのは

その名の通り、

水が蒸発した後に残る物質のことで、

その主な成分はカルシウム、

マグネシウム、ナトリウム、

カリウムなどのミネラル成分です。

 

適度なミネラル成分が

含まれていることで、

水を飲んだ時にまろやかさやコクが

感じられますが、

その量が多すぎた場合には、

苦みや渋みとして

感じることになります。

 

硬度というのはミネラルの中でも、

特にマグネシウムとカルシウムの

合計含有量を示す指標で、

これらの含有量が多いほど

硬度の高い水「硬水」となり、

少ないほど硬度の低い「軟水」

ということになります。

 

WHO(世界保健機関)の基準では、

硬度が120mg/L未満を「軟水」、

120mg/L以上を「硬水」

としていますが、

一般的には

硬度100mg/L未満の水を軟水、

300mg/L以上を硬水

呼んでいるようです。

 

硬度の高い水は

口に残るような味になり、

硬度が低いものは、

比較的淡白な味として

感じられます。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi