ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室の健康情報 水について(48)


当時の人々の水道水に対する

不満や不安の高まりを受け、

昭和59年(1984年)に

厚生省(現在の厚生労働省)が、

「おいしい水というのは一体

どんなものなのか」という疑問に

応えるべく組織したのが

「おいしい水研究会」です。

 

当時の国立公衆衛生医院

(現国立保健医療科学院)院長

であった鈴木武夫氏を座長に、

水道局や水処理研究所の

水に関する専門家、

大学の工学部や薬学部教授

といった研究者の他、

食品、調理の専門家、

更にはドラえもんの声を

務めていた女優の

大山のぶ代さんなどの

著名人を含む、

計10名のメンバーによって

この研究会は構成されていました。

 

翌60年に研究会が発表した

「おいしい水の要件」は

以下の7項目からなります。

 

蒸発残留物:30~200mg/L、

硬度:10~100mg/L、

遊離炭酸:3~30mg/L、

過マンガン酸カリウム消費量:3mg/L以下、

臭気強度:3以下、

残留塩素:0.4mg/L以下、

水温:最高20℃以下。

 

これらの数値は、

各地で行われた利き水試験や

アンケート調査の結果をもとに、

おいしいとされた

全国の水道水の水質を

解析した結果などから

定められたということです。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi