ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛整体 良和堂治療室の健康情報 水について(36)


日本のミネラルウォーター市場の

規模は年々拡大しており、

現在、メーカー出荷金額ベースでは

2800億円を超える大きさに

なっています。

 

日本におけるミネラルウォーターは、

明治時代に横浜や神戸の居留地の

外人用に製造、販売され、

昭和に入ってからはホテル用としても

販売されていたようですが、

1960年代後半に

業務用として販売された、

ウイスキーの水割り用瓶入り

ミネラルウォーターが

人気を呼んだところから

業務用の市場が拡大を始め、

 

その後、1984年の渇水により

家庭用ミネラルウォーターの

需要が増大、

そして、食品衛生法の改正に伴う

輸入ミネラルウォーターの販売増加や、

健康志向の高まり、

水道水の水質低下問題などから、

更に家庭用ミネラルウォーターの

売り上げが伸び、

1990年には家庭用の消費量が

業務用を超えるようになりました。

 

以降も「水道水の代替品としての

ミネラルウォーター」という認識が

広まったことや、

災害時の備蓄用品として

認知されたこと、

マスコミ報道をきっかけとした

輸入ミネラルウォーターブーム

などもあって、

 

今では私たちの生活に

すっかり浸透し、

一般的な日常品としての地位が

確立されたものになっています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi