ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛鍼灸 良和堂治療室の健康情報 水について(29)


クロロホルムと

ブロモジクロロメタンは

IARC(国際がん研究機関)によって、

発がん作用を示す

明確な証拠はないものの、

「ヒトに対する発がん性が疑われる物質」

として分類されています。

 

ただ、クロロホルムに関しては、

1976年に米国国立ガン研究所の

動物実験によって、

腎臓ガン、肝臓ガンの発生が

報告されており、

その後の水道水中のトリハロメタンの

社会問題化の発端に

なっているようです。

 

また、クロロホルムの吸引による、

頭痛、吐き気、食欲減退や、

長期に亘り吸入した場合のうつ状態、

幻覚、運動失調、発声障害などの

精神、神経症状の発症といった

健康被害も報告されており、

発がん性の真偽は別としても、

人体にとって好ましくない物質

であることは間違いなさそうです。

 

この水道水中のトリハロメタンとして

最も多く含まれるとされる

クロロホルムに関しては、

WHO(世界保健機構)が0.2mg/L、

日本国内では0.06mg/L以下という、

生涯に亘って、連続的に摂取しても

人の健康に影響が生じないレベル

という基準をもって、

水質基準が設定されています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi