ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛整体 良和堂治療室の健康情報 水について(16)


摂り方によっては、

重大な健康被害にもつながりかねない

炭酸飲料やスポーツドリンクなどの

清涼飲料水ですが、

全国清涼飲料工業会の2015年の

統計によると、日本人1人あたりの

清涼飲料水の消費量は

年間160リットルを超えており、

赤ちゃんからお年寄りまで含めて、

ほぼ1日に1本、500ミリリットルの

ペットボトル分の清涼飲料水が

飲まれている計算になります。

 

一般的に、清涼飲料水には

その総分量の8~10%の糖分が

入っているといわれていますから、

1.5リットルのペットボトルの場合、

約 120~150グラムの糖分が

入っている計算になり、

これは6グラム入りの

スティックシュガーで20~25本分

にも相当する量になります。

 

清涼飲料水に含まれている

果糖ブドウ糖液糖やコーンシロップ

などの糖分は、

その構造の単純さから、

ごはんに含まれる糖などに比べて、

エネルギー源として

体内に吸収されやすくなっています。

 

また、クエン酸や酸味料、炭酸などの

影響で、大量の砂糖が

入っているにもかかわらず、

すっきりとした味や飲み心地に

なるように作られているため、

実際の甘さを意識することなく、

大量に飲んでしまい、

血糖値の急上昇に

つながりやすくなっています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi