ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛鍼灸 良和堂治療室の健康情報 水について(15)


「ペットボトル症候群」

というのは俗称で、

医学的な正式名称としては

「清涼飲料水ケトーシス」あるいは

「ソフトドリンクケトーシス」

になります。

 

1992年に初めて

日本糖尿病学会で発表され、

それ以降、医学会での認識は

広まっていますが、

今のところ全国的な調査などは

されていないため、

正確な実態は

把握されていないようです。

 

私たちの身体は、

インスリンの量または

作用の不足によって

糖を適切に取り込むことが

出来なくなった時に、

タンパク質や脂肪を

代わりのエネルギー源として

使うことになります。

 

その代謝過程で発生する

「ケトン体」といわれる、

毒性を持った代謝成分の

血中濃度が上昇した状態を

ケトーシスといいます。

 

このケトーシスの状態から、

高血糖による多尿によって

脱水がすすみ、

更に血糖値、ケトン値が上がると、

通常は弱アルカリ性に

保たれている血液のpHを

適正な値に維持することが

出来なくなって、

血液が酸性に傾いてしまいます。

 

これは「糖尿病ケトアシドーシス」

といわれる状態で、

ひどい場合には

脳浮腫や昏睡を引き起こし、

最悪の場合には

死に至ることもある怖い状態です。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi