ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛整体 良和堂治療室が考える、東洋医学的長夏の身体(7)


湿邪の影響として

もっともわかりやすく、

特に女性の方を悩ませる

ことの多い症状は「むくみ」

ではないでしょうか?

 

この時期は、ただでさえ蒸し暑く、

近年では暑い国のスコールさながらの、

ゲリラ豪雨といわれるような

突発的な激しい風雨に

見舞われることも珍しくなくなって、

外気に充満する

肌にまとわりつくような

ジメジメとした湿気に

全身を覆われる、

不快な日が続きます。

 

そのような外的要因に加え、

長夏は水分代謝を司る

脾が弱っているために、

健康な方でも

身体の水分バランスを崩しやすく、

体温調節や水分補給が

うまくいかないことで、

本来スムーズに排泄されるはずの

水分が停滞し、

それが更に正常な水分代謝を

妨げるという悪循環に陥りがちです。

 

そして、この滞った不要な水分が

むくみとなって、手足をはじめ、

全身のだるさや冷えをもたらします。

 

部分的なむくみを

改善しないままで放置すると、

次第に全身の代謝も悪くなり、

それが慢性化すると、

いわゆる水太り体質にも

なりかねません。

 

また、湿邪は上から下へ

流れる傾向があるため、

特に下半身太りになりやすく、

早めのケアが肝心です。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi