ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室から見た、東洋医学的長夏の身体(6)


家の場合で考えても、

梅雨の時期には部屋や浴室などの

壁が湿気たり、カビが生えたり

しないように換気や除湿に

気をつけるのと同様、

長夏の時期には私達の身体に関しても

「湿」による害が出ないよう、

除湿に気をつけることが大切です。

 

体内に余分な水分が溜まり、

滞ることで、湿邪として

悪影響を及ぼすようになると、

水分代謝や消化吸収だけでなく、

血液の流れや全身の皮膚、

筋肉、血管などの広い範囲に

様々な不調症状として

現れてくることになります。

 

「甘」の食材、「黄」の食べ物とともに、

体内に滞っている不要な水分を

体外へ排泄するのを助ける効果が

期待できる、きゅうりやゴーヤ、

冬瓜、スイカ、メロンなども

積極的にとるようにしましょう。

 

また利尿作用のある、

はと麦茶やどくだみ茶などを

飲むこともおすすめです。

 

ただその際にもあまり胃腸を

冷やしすぎないように、

最初の一口めは冷たいもので喉を潤し、

出来ればそれ以降は、

常温のものにするといった工夫を

していただければ、

更に良いのではないかと思います。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi