ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の重心整体 良和堂治療室の健康情報 ウイルス性疾患(18)


妊婦のリンゴ病感染に関しては、

妊娠前半期の感染がより

危険度が高いとされていますが、

妊娠後半期での胎児への

感染例も報告されています。

 

ただ、もし胎児感染をしても

風疹などと違い、出生後に

何か先天異常が確認されたという

ケースは報告されていないようです。

 

また、妊婦が感染しても、

必ずしも胎児の感染や異常に

結びつくわけではなく、

正常な妊娠分娩の経過を

とることが多く、胎児水腫や

死産などが起こる割合は

全感染妊婦の1割ほどと

推定されています。

 

リンゴ病の診断で最も有用なのは

血液中の抗体を調べることですが、

保険適用は妊婦のみのため、

妊娠に気づいていない女性や

検査に保険が適用されない子供や

夫などの家族は感染に気づくことが

難しく、他の感染症との区別が

つきにくいことや

特に大人の場合は症状が

全くない場合も多いという点も

予防を難しくしています。

 

現状、有効なワクチンや

決め手となる治療法もないことから、

手洗いやうがいなど感染症の

一般的な予防対策をこころがけ、

幼少期にリンゴ病にかかったことが

あるか不明の妊娠中あるいは

妊娠の可能性のある方は、

疑わしい症状があった時には

速やかに担当医に相談するなど

していただきたいと思います。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi