ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛整体 良和堂治療室の健康情報 ウイルス性疾患(10)


インフルエンザウイルスには、

A、B、Cの3型が存在し、

通常ヒトに流行を起こすのは

A型とB型です。

 

その中でも遺伝子の変化によって

新型ウイルスが出現し、

世界的大流行(パンデミック)を

引き起こすのはA型ウイルスです。

 

A型ウイルスの表面にはHA

(ヘマグルチニン)とNA

(ノイラミニダーゼ)という2種類の

タンパク質の突起があり、

HAが16種類、NAは9種類、

それぞれの組み合わせで理論上

16×9の計144タイプもあります。

 

2000年代に世界的に流行し、

「新型インフルエンザ」になることが

懸念されてきたのはH5N1型、

2013年以降、中国で多数の感染者が

報告されている鳥インフルエンザは

H7N9型で、H10N8型による

死者も報告されています。

 

A型はヒトを含むほ乳類や鳥類に

広く分布し、中でも水禽類、

特にカモは自然宿主として

現在知られているすべての

A型インフルエンザウイルスを

保有していて、他の水禽類、

家禽類、家畜、そしてヒトへの

A型インフルエンザウイルスの

供給源になっていると見られています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi