ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛整体 良和堂治療室の健康情報 ウイルス性疾患(8)


ウイルスや病原菌に対して

使用される薬の量が増えてくると、

必ず「薬剤耐性」の問題が出てきます。

 

インフルエンザウイルスも、

その増殖過程において、

遺伝子変異が起きることで、

本来有効である

抗インフルエンザウイルス薬が

効かない、あるいは効きにくくなる

薬剤耐性インフルエンザウイルスが

突然発生すると考えられています。

 

厚生労働省の発表によると、

抗インフルエンザウイルス薬に

耐性化したウイルスが検出される

割合は1~4%程度とされていて、

今シーズンは2月3日の

資料発表時点まで、まだ

薬剤耐性インフルエンザウイルスは

検出されていません。

 

2008年〜2009年シーズンに

ヨーロッパで出現したタミフル耐性を

持つインフルエンザウイルスが

世界的に流行したこともあり、

全世界のタミフル消費量の

60~70%以上を占めるといわれる

日本では、当然、耐性ウイルスの

出現にも注意を払っており、

最新の薬剤耐性インフルエンザウイルスの

検出結果は国立感染症研究所の

「抗インフルエンザ薬耐性株サーベイランス」

ページで公開されています。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi