ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛整体 良和堂治療室から見た東洋医学的秋の身体(12)


秋が深まり空気の乾燥が進んでくると、

喘息の他にも症状の悪化を訴える方が

多くなるものにアトピー性皮膚炎があります。

 

人によってはたくさん汗をかく夏に

症状が悪化する場合もありますが、

やはり秋から冬にかけて悪化する方が

多いようです。

 

アトピー性皮膚炎には遺伝的要因が

あることがわかっており、

その症状を引き起こす引き金となる

環境要因として家の中のダニや

ほこりなどのハウスダスト、犬猫など

のペットや花粉等が挙げられます。

 

そして、一旦発症するとそれらの

要因の他にも太陽光や乾燥、発汗

などの気象要因、疲労、ストレスと

いった身体的要因など様々な原因

によっても症状を悪化させることに

なります。

 

私達の皮膚表面の一番外側には

身体内部の水分を保って肌に潤い

与えたり、外からの刺激に対する

バリアの役目を果たす「角質層」

呼ばれる薄い細胞の層がありますが、

アトピー性皮膚炎の人はこの角質層

の中のセラミドと呼ばれる物質が

減少しているため、通常の人に比べて

水分が失われやすく、特に空気が

乾燥する季節には肌のかゆみを

感じやすくなります。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi