ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛整体 良和堂治療室が考える東洋医学的秋の身体(11)


温度や湿度などの気候変化は

喘息発作の原因の一つですが、

比較的変化の大きい春や

気温が低下する冬ではなく

秋に喘息の発作が多くなる理由は、

発作の原因になるアレルゲンの量

とも関係しています。

 

そのアレルゲンの代表が

夏に繁殖したダニの死骸や糞が作る

ハウスダストです。

 

高温多湿を好むダニは梅雨時から

夏にかけて盛んに繁殖し、

秋になって気温が下がってくると

その死骸が増加します。

 

近年のように夏が長引き、

高温の期間が長いということは、

それだけダニの糞や死骸、

すなわちハウスダストが増加

していることを意味しています。

 

出来ればダニの増殖が始まる前の

初夏から、晴れた日には積極的に

布団を干してダニを除去することが

有効な対策になります。

 

その際は日干しの前後に

布団の裏表両面を掃除機で吸引

することが効果的です。

 

また夏の終わりから秋にかけて

飛散するブタクサ花粉も

喘息の原因となりますし、

気温変化の具合によっては

秋にも少量のスギ花粉が飛散する

こともあるようです。

 

大気中の汚染物質濃度も秋から

冬にかけて増加する傾向にあり、

喘息発作の原因になります。

 

このように複数の原因が重なる

秋は呼吸器系の疾患を持つ方には

最も影響の出やすい季節といえるでしょう。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi