ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室が考える東洋医学的秋の身体(5)


食欲の秋という言葉もあるように、

秋は食欲も旺盛になる季節です。

 

食材も身体を動かす際のエネルギー

になる穀物やイモ類を始め、

栗や胡桃、銀杏など栄養価の高い

木の実類、梨、柿、ブドウ、りんごなど

糖分と水分の多い果実が出回り、

秋刀魚や鮭といった脂がのった

おいしい魚介類も揃います。

 

これら秋に旬を迎える食材には、

冬の寒さに備えて身体にエネルギーを

蓄えるために適したモノが多く、

積極的に旬の食材を摂ることで

効率的に夏に消耗した体力を補充し、

厳しい冬を健康に乗り切るための

身体の基盤を作ることが出来ます。

 

しかし、おいしい食べ物が豊富に揃い、

食欲も自然と旺盛になる時期だから

といって、バランスも考えずに

暴飲暴食をするのは禁物です。

 

夏に冷たい飲み物や食べ物を

摂り過ぎいた場合は

秋口になってからその胃腸の

疲れが現れやすく、

また最近では過度の冷房による

身体の冷えから、自律神経や

消化器の機能が乱れている

という方も多くなっています。

 

弱った胃腸では食物を運ぶための

蠕動運動が鈍くなっていて、

胃もたれや膨満感などの

消化不良の症状を引き起こし、

せっかく栄養のある食物を

取り込んでも、その栄養を十分に

吸収出来ないということに

なってしまいます。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi