ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室が考える東洋医学的秋の身体(1)


朝晩はかなり涼しく、日中も気温は

ある程度高くても風はすっかり秋を

感じさせてくれる気候になりました。

 

刺さないはり 良和堂治療室は

ちょうど駅に向かう道沿いにあり、

朝6時から診療しているので、

通勤する方々の服装の変化から

一早く季節を感じることがあります。

 

ここ最近、行き交う方々の服装も

季節の変わり目を象徴するように、

まだ薄い半袖の方がいらっしゃる一方、

色もすっかり秋らしい温かめの恰好を

されている方もいらっしゃいます。

 

気温差5℃で服1枚分と言われますが、

温度の感じ方にもかなり個人差が

あるのを感じます。

 

不快指数に代表されるように、

湿度も体感温度に大きく影響

しますから、女性の方であれば

肌の乾燥具合で季節の移り変わり

実感されている方もいらっしゃる

のではないでしょうか?

 

東洋医学では陰陽と五行という思想

をベースに身体や病気、自然を

結びつけて考えますが、

その五行の分類によると、

「秋」と結び付けられている気の性質

「燥」とされています。

 

また身体の器官としては「肺」、

「大腸」、「鼻」、「皮膚」といった

モノが分類されていますから、

それらの部位(西洋医学的な意味

とは少し違う所もありますが)に

乾燥による様々な不調が出やすい

季節ということが出来ると思います。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi