ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室が考える東洋医学的夏の身体(20)


夏の旬野菜としてはトマトやきゅうり、

なす、レタスなどが挙げられます。

 

出来れば太陽のエネルギーを

いっばいに浴びて育った露地物を

味わいたいものです。

 

これらの夏野菜やすいか、メロン

などの夏に旬を迎える果物には、

暑さで身体に溜まった熱を冷まして

くれる豊富な水分と発汗で不足

しがちなビタミン、ミネラルも

含まれていて、胃腸の働きを

整えてくれる作用も期待できます。

 

またそうめんや冷麦といった

冷たい麺類なども暑さで食欲の

落ちている時でもさっぱりとして

食べやすく、身体の中から熱を冷ます

働きをしてくれて助かる反面、

 

これらの物を摂り過ぎることで

身体の冷えにつながる場合があります。

 

特に食欲が落ち、

体力が低下している時に、

冷たい飲み物を大量に摂ると

分泌される胃液の量が減り、

更に食欲不振になるという

悪循環に陥ってしまいます。

 

体力を維持するために必要な

肉や魚、卵等のたんぱく質や

体温を上げる効果の期待できる

人参、牛蒡、蓮根、芋類などの

根菜類、生姜や葱なども合わせて

摂れるよう、ちょっとメニューに

一工夫してみることをおすすめします。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi