ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室から見た東洋医学的夏の身体(13)


東洋医学的には夏バテは主な原因から

3つのタイプに分類して考えることが出来ます。

 

主に暑さによって生体活動の

エネルギー源である「気」が消耗する

ことで内臓が疲れ、食欲が低下して

栄養不足から更に体力が落ちてしまう

「気虚」タイプ。

 

発汗などで身体の水分が不足して

しまい、陰陽のバランスが崩れて

いる状態の「陰虚」タイプ。

 

冷たい飲食物の摂りすぎによって

胃腸機能の低下や水分代謝の悪化から

身体に余計な水分が溜まってしまう

「湿邪」タイプ。

 

やはり夏バテは食生活や胃腸機能との

関係が深いことから、予防の意味でも

旬の食材、特にきゅうりやトマト、

かぼちゃ、ゴーヤなどのこの時期不足

しがちな水分やビタミン、ミネラルを多く

含む夏野菜を積極的にとることを

おすすめします。

 

そして、胃腸の不調を感じた時は

お腹全体を温めるのが効果的です。

 

また、足三里のツボで有名な脚の

外側を走る胃経、内側の脾経の

ラインのマッサージや、天枢などの

おへそ周りのツボを刺激するのも

食欲増進や胃腸機能の調整に

効果が期待できます。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi