ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛鍼灸 良和堂治療室から見た東洋医学的夏の身体(7)


手先、足先から始まった冷えを

そのままにしておくと、時間の経過と

ともに腹部や下半身全体に冷えを

感じるようになり、腰痛や下痢、

便秘などの胃腸障害、泌尿器の

異常や生理痛などの婦人科系の

障害も出てくるようになります。

 

更に冷えが全身に及ぶことで

肩こり、頭痛、めまい、疲労感や

手足のむくみなどの症状が現れ、

場合によっては大きな血圧の変動に

つながることもあるので、

高血圧などの持病を持っている方は

注意が必要です。

 

また冷房の効いた室内と屋外とを

出入りする際には、短時間の急激な

温度変化になるために、

体温維持のための調節機能が

うまく働かず、体温のバランスが

崩れてしまいます。

 

皮膚表面は比較的短い時間で

外部の温度に対応することが

出来ますが、腸など身体内部の

温度変化には時問がかかるため、

室内から外に出た場合は身体の

表面が暑く、内部は冷えている状態、

外から室内に入った場合には逆に

表面が冷えて、内部が暑い状態に

なってしまいます。

 

それによって体温調節機能だけでなく、

様々な機能障害が起きる可能性が

あるので、屋内外の頻繁な出入りは、

出来れば避けるようにすることを

おすすめします。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi