ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室から見た東洋医学的夏の身体(5)


現在はオフィスや店舗などだけでなく

一般家庭にも冷房が普及し、蒸し暑い

夏も快適に過ごせるようになりましたが、

その便利さと引き換えに冷房による

身体のトラブルも増えてしまいました。

 

一度、冷房に頼った涼しい環境に

慣れてしまうと、少しの暑さでも冷房を

入れてしまうようになり、身体が暑さに

対する抵抗力を失うことで、いわゆる

冷房病を招く恐れがあります。

 

冷房病は医学的には循環不全、

冷房症候群と呼ばれるもので、

身体の冷えによる血流不足によって

血行や代謝が悪くなることで、

手足の冷え、肩こり、頭痛、腰痛から

下痢、便秘、胃腸障害などの消化器系、

不眠、イライラ感、生理痛の悪化や

生理不順など自律神経系や婦人科系

まで様々な症状となって現れます。

 

最近では「クールビズ」も定看してきた

ようですが、特に男性に比べて筋肉量が

少なく、服装面でも男性より薄着のことが

多い女性にとっては、まだまだオフィスや

商業施設、電車、バスといった公共交通

機関などの冷房は強すぎると感じる

場合も多いようです。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi