ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛鍼灸 良和堂治療室の健康情報 暑さに備える(2)


暑さ指数(WBGT)は1954年、

アメリカで熱中症を予防することを

目的として提案された指標で、

人体と外気との間の熱のやりとりに

着目し、その中でも影響の大きい

温度、湿度、日射・輻射(ふくしゃ)

などを考慮して算出されるものに

なっています。

 

熱中症になるかどうかに最も

大きく影響するのは気温ですが、

汗が蒸発しやすいかどうかという

点で湿度も大きく影響してきます。

 

一般に気温が32℃を超えると

注意が必要とされていますが、

気温が30℃前後でも熱中症に

よって死亡する例は多数あり、

その場合の多くが湿度が高い場合です。

 

湿度以外に風があるかどうかも

重要な要素になっていて、

気温が32℃以下でも湿度が高い、

風がないというような場合には

特に注意が必要です。

 

また、気温などの当日の気象条件

以外にも梅雨明け直後などで急に

暑くなったような場合や、

真夏でもしばらく涼しい日が続いた

後に急に暑さが戻ってくる時などは、

身体が暑さに対応出来ず熱中症に

なりやすいので気をつけてください。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi