ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛整体 良和堂治療室から見た東洋医学的春の身体(24)


「春眠暁を覚えず」という言葉が

あるように春は強い眠気を感じる

方が多いようです。

 

冬の寒さによる刺激で交感神経が

優位な状態が続いていたところから、

徐々に暖かくなるにつれて、副交感

神経優位の状態に変化してくることで、

心身がリラックスして自然と睡眠が

促される傾向にあります 。

 

春の眠気は季節の変化に伴って

身体が変化している証拠ということ

出来るかもしれません。

 

「肝」が回復して「血」が増えるのは

身体が活動していない睡眠中になります。

 

気温や室温が上がってくることで

体温も上昇し、皮膚からの熱放散も

活発になって体温が下がりやすく

寝つきも良くなりますから、

特に肝が回復する23時~午前3時

時間帯にはしっかりと睡眠を

とれるように、遅くとも0時までには

寝るようにしましょう。

 

「肝」の働きが悪い時には寝つきが

悪かったり、眠りが浅かったりしがち

ですが、横になっているだけでも

身体は休まっているので、あまり

寝よう寝ようと神経質にならずに、

まずは普段より少し早めに布団に

入るよう心がけるということでも

良いかと思います。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi