ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛整体 良和堂治療室から見た東洋医学的春の身体(16)


花粉症発症の低年齢化という問題も

起きています。

 

花粉症を発症するためにはある程度の

量の花粉と接触し、体内に花粉に対する

抗体が蓄積される必要がありますから、

近年の花粉飛散量の増加で必然的に

発症までの時間が短縮されることになります。

 

発症や症状の悪化には大気汚染や

体質の変化との関連を指摘する意見も

ありますが、多くの病気の中で花粉症

ほど原因物質のはっきりしたものはなく、

やはり花粉との接触を出来る限り避ける

ということが一番の対処法になります。

 

また症状がひどい場合には

抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、

ステロイドなど処方薬や市販薬を使って

症状の緩和をはかるということになりますが、

昨年からは症状の緩和を目的とした

これらの対症療法ではなく、根治を目指す

「舌下減感作療法」が保険適用になっています。

 

舌下減感作療法はスギ花粉のエキスを

口に含み、身体に少しずつ慣らしていく

ことで体質そのものを変えていく治療法で

治療期間は2~3年、投薬はシーズン以外の

時でも毎日必要とのことですが、

効果については「完治または症状の改善が

約8割」という臨床データもあるようですから、

選択肢として医療機関に相談してみるのも

良いかも知れません。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi