ブログ

記事詳細

さいたま市大宮区の無痛整体 良和堂治療室から見た東洋医学的春の身体(14)


この時期に空中に大量に飛散する

花粉を同じように吸い込んでも、

花粉症になる人とならない人がいます。

 

その違いは体内に花粉に反応する

IgE抗体が蓄積されているかどうかに

大きく関係しています。

 

最近の花粉症患者の増加には

大気汚染や食生活の変化など、

様々な環境要因によるIgE抗体産生

への影響も指摘されていますが、

このIgE抗体を体内で作ることが

出来るかどうかは遺伝によって

決まっています。

 

遺伝子の中にはIgE抗体が作り

出されるのを抑える働きを持つと

考えられている「免疫抑制遺伝子」

と呼ばれるものがあり、

この免疫抑制遺伝子を持っていない

人はIgE抗体が作り出されるのを

抑えることが出来ず、花粉に接触

する度にIgE抗体が作られ、

やがてある一定量まで蓄積される

ことで花粉症の発症につながります。

 

このように体内でIgE抗体が

作られるのを抑制できない人が

いわゆるアレルギー体質と呼ばれる

人ですが、実際身体の中で起こっている

反応は「抗原抗体反応」と言われるもので、

これが身体に都合良く働く場合に

その仕組みを「免疫」と呼び、

身体に都合悪く働いてしまう場合を

「アレルギー」と呼びますが、

反応の仕組み自体はまったく同じものです。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi