ブログ

記事詳細

さいたま市大宮駅の無痛鍼灸 良和堂治療室が考える身体のバランスと寝方(2)


睡眠に関しては寝る時の姿勢

というよりも、身体そのものが

リラックスして質の良い睡眠を

とれる状態になっているかどうか

ということの方が重要ではないか

と思います。

 

不眠の症状をお持ちの方の身体を

拝見させていただくと、背中から首に

かけて、更には後頭部の方まで

カチカチに固くなっている方が多い

ように感じます。

 

そういう方は必然的にお腹の方も

固くなっていて、特に胃の辺りが

固くなっている場合には横隔膜の

動きも悪くなっているために呼吸も浅く、

副交感神経優位になれない、

つまり身体としては興奮していて、

当然眠りづらい状態にあると言えます。

 

子育ての経験がある方はご存知だと

思いますが、赤ちゃんや小さい子供は

眠くなると手足が温かくなります。

 

これは、人は眠る時には身体の

深い所の温度を下げるために、

手足の血管を開いて血液を抹消に送り、

皮膚から熱を放散しやすくするという

仕組みが働くからです。

 

交感神経優位の状態では末梢血管は

収縮しているので、この機能が働かず、

身体の深部の体温が下がらずに

寝付きにくいということになります。

 

また交換神経が働くと目の瞳孔も開く

ので光にも敏感になっていて、

睡眠には向かない状態といえます。

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi