ブログ

記事詳細

大宮駅の鍼灸院、無痛鍼治療の良和堂治療室が考える東洋医学的冬の身体(9)


よくいわれる腰痛対策として

「腹筋を鍛える」ということがあります。

予防という面からもある程度腹筋を

鍛えておくことは効果があると考えられます。

 

仰向けに寝て膝を曲げ、

両手をおなかにあてます。

勢いをつけたり反動を使ったりせずに

おへそを見るように頭と肩をゆっくり

持ち上げ、手を当てている部分の腹筋に

力が入るのを意識しながら3秒ほどキープし、

ゆっくり元に戻します。

 

これをご自分の体力に合わせて

510回程度1セットとして行います。

一度に多くの回数を行うよりも

少ない回数でも良いので毎日習慣的に

行うほうが効果的ですが、

ストレッチと同じようにやり過ぎないように

注意してください。

 

特にすでに腰に痛みが出ている場合には

腹筋のバランスが崩れている可能性が高いので、

その状態で無理に腹筋をつけてしまうと

却って身体の歪みをひどくしてしまう

可能性があります。

 

治療室に見える腰痛の方でも腹筋が

弱くなっていて腰痛を発症している方は

比較的治りが早いのですが、

普段から努力して腹筋を鍛えてい

バランスの悪い筋肉がついている方の方が

治りが遅い傾向が見られます。

 

腹筋を鍛える前に身体の重心を整え、

バランスの良い筋肉がつく状態にしてから

筋力の強化をはかることをおすすめします。

 

良和堂治療室
住所 〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-297 桜ビル1F
電話 048-871-5670
お休み 日曜・水曜・祝日
営業時間 6:00~20:00(曜日による)
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1OPvkJF
  • facebook
  • twitter
  • mixi